So-net無料ブログ作成

指輪を作った時の粉 [制作]

image.jpg
これは何かといいますと、指輪を制作した時に出た地金の粉です。

左はこの前に指輪を2本作った時の、右は先日1本作った時のです。
量の比較が出来るようにと10円玉と並べましたが、粉山の高さが分かりにくいので、あまり参考にならなかったでしょうか…。

作る品物のデザインによって、出る粉の量はまちまちなんですね。

どんな工具でどのような技術で作るかによっても違ってきます。
各工程のどの段階で写真に残すかによっても違ってきますけれど。
また、集塵機に吸い込まれてしまう分は写りませんし。

これが鋳造で量産すると、1本あたりの粉の量はもっと少なくなります。
板地金を鍛造するとほとんど粉にはなりません。
プラチナで作る時は棒や角線に加工しやすいですので、出来るだけ粉にしないように努めますし。

ろくろを回して削れば螺旋状の切り屑となって残ります。

まぁ、このような量の粉が出ることもある、という参考になれば…、ということで。







nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 0

Facebook コメント