So-net無料ブログ作成

ブルーサファイアイヤリング [修理]

*****

79011463-F631-40AF-B6C4-20B75313C7BC.jpeg
ダイヤモンド取り巻きのブルーサファイアイヤリングの片方が壊れてしまいお困りで、お直しのご依頼を頂きました。

プラチナの金具が無くなっていましたので、同じタイプをご用意させていただき、ロウ付け加工いたしました。

まず宝石を外してから、トーチで炙ってプラチナロウを融かし付けます。
向きと角度に注意して位置決めし、しっかりと固着するように合金をつくります。

炎の加工が終わると、元どおりに宝石を止め直し、全体を光沢仕上げして完了です。

イヤリングやピアスなどのセット物は、ワンセットでお預かりしていないと仕上がりに差ができます。
修理加工ができた方も見本にお預かりした方もピカピカの新品のようになりました。




nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。