So-net無料ブログ作成

WGバンド研磨仕上げ [作業]

image.jpg
小傷がたくさんついていたケースがピカピカになって、ヒビ割れ補修箇所を軽く磨きました、の画像です。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ゴールド枠シェルカメオペンダント [フルオーダー]

image.jpg
ずいぶんと時間がかかっておりますが、まだ半ばです。

自分で考案したデザインですから、あれこれと試行錯誤しながら…。

今夜はこの辺で、撤収します。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

板とパイプをしっかり溶かし付けます (動画) [ロウ付け]


ホワイトゴールドのパイプと板の間に空間があったりロウの量が少なかったりしていましたので、たっぷりのロウを流して合金状態をつくり直しました。


タグ:パイプ 隙間
nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

うまく流れたホワイトロウ [修理]

image.jpg
外側の丸線の端をロウ付けしました。
このままでも丸線は固定出来ているのですが、ヒビ割れ部分にロウが回っていません。

極小のロウを置いてヒビにロウを流します。
炎の調節に失敗すると、0.1ミリほどしか離れていない左側のパイプとくっ付いてしまい、動かなくなります。そうなる可能性は大で、それは最悪状態です。

やってみました。
うまくヒビ割れ部分にだけロウを流すことができました。
よかった。


あとから気づきましたが、先にヒビ割れをロウ付けでふさいで、あとから丸線を穴に通してロウ付けする方法もありましたね(^^;;


nice!(1) 
共通テーマ:ファッション

ロレックスバンド 修理途中の画像です [時計]

image.jpg
ロウ付け出来た箇所をきれいに中仕上げまで済ませた画像と、厚さ0.1ミリくらいになってしまっているヒビの入った部分の画像です。

これをなんとかします。


休憩がてら少しずつ画像を触って、アップロードしました。

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

時計バンド きれいに付きました [修理]

image.jpg
左側の画像は、ロウがパイプと板の間に隙間なく流れて、余分に盛り上がり残っていた部分をヤスリがけし始めたところです。
パイプの中にロウが入り込むと失敗ですが、上手く作業出来ました。
面積の広い黒い部分は元からついていたロウが炎に炙られて酸化したものです。
後で全部をきれいにします。

右側の画像は、ロレックスのメッシュのホワイトゴールド時計バンドとホワイトゴールド板をロウ付けしたところです。
網目にはロウが流れこまずに、一コマずつきれいにロウ付け出来ました。

途中の画像は、パーツがバラバラだったりキズが付いているように見えたり黒くなっていたりしますが、これがびっくり、最終的にはきれいになるのです。

調理中の食材や調理場を見るよりも、お皿に乗って美味しそうに出来上がった料理を見るほうが、普通のエンドユーザーは楽しいですね。
でも、怖いもの見たさ、知りたい、興味深い、というのもありますね。
今日は2回目のアップロード。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ブランド品 無事に終了しました [修理]

image.jpg
Pt950リングのサイズ直しが出来ました。

ティファニー、カルティエ、etc、OKです。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

1.2ミリのスペースでサイズ直し [サイズ直し]

image.jpg
ブランド品のPt950リングを預かりました。
内側全体に文字が入っていて、一番広いスペースが1.2ミリくらいでした。
自信たっぷりに引き受けましたが、ルーペでしっかり見ると、空いている隙間があまりにも狭いのであとから焦りました。

数日でして欲しいとのことだったし、代金は先払いされたし…。

汗。

まあ、注意深く作業すれば大丈夫でしょう…。
…ということで、隙間を選んでノコ刃でカットしました。

もう後戻りは出来ません。

プラチナ地金を挟んで、ロウ付けしました。

ロウの量の調節と炎の位置や昇温のスピードや温度の調節がうまく出来ていないと、文字の上にロウが流れて固まり、文字が読めなくなります。
それが最悪の状態です。

上手く出来ました。

余分の地金を2×2ミリの範囲でヤスリがけします。

すぐ横の内側文字を消さないで磨くことが出来れば、完璧です。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ロウ付け始めました [時計]

image.jpg
ホワイトゴールドのパイプとプレートのロウ付け箇所はたっぷりのロウを流してしっかりとロウ付けしました。元からあった空間は無くなって、頑丈にしました。
はみ出たロウはあとできれいに整えます。

ホワイトゴールド丸線の支えとなる部分は、薄くてすでにヒビ割れが入っています。
ここは微妙な場所で、どのように攻略するかをしばらく考えました。

結論は、こちら側だけはロウ付けする、でした。
かなり大変なんですが、丈夫さと出来上がりのきれいさを優先して、あえて選びました。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

時計バンド修理とりかかり始めの画像です [拡大]

image.jpg
夕方の画像は、まだ特に何も修理加工はしていなくて、カシメてあった軸の片方を抜ける状態にしていざ抜いてみたら、使用時のたび重なる引っ張りの力に負けて軸が曲がって細くなっていた、ということが分かる画像と、よく見るとロウが回りきっていなくて隙間が空いてました、ということの確認の画像でした。

空間部分にはたっぷりのロウを流して、外れた部分にたっぷり付いているロウはきれいにヤスリがけします。

今回のは、新しく作った軸も写っています。

カシメ部分の外枠が切れそうだったりもします。
次回アップロードします。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ホワイトゴールド時計バンドの画像 続き [時計]

時計バンドのロウ付け修理の画像がアップロードできていませんでした。
image.jpg
今はロウ付けもきれいに出来て、プラチナ仕上げのところです。
最終段階ではありますので、完成まで今しばらくお時間をお願いいたします。

と、クライアントにメールするような内容ですが、修理加工はホワイトゴールドの軸を新しくする必要がありまして、ちょうどいい直径の丸線を引いて用意しました。
ご予算内に収めますので。


…と、コーヒータイム中に急ぎ気味にブログ更新しました。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

大きなルビーリング 画像出来ました [ジュエリー]

プラチナのルビーリングもきれいになりました。
image.jpg
ダイヤモンドもきれいにそろった小さな爪でしっかりと止まって並んでいます。

前のブルーサファイアリングと同じデザインです。
リングサイズを大きくしました。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ダイヤモンドリングの写真 [ジュエリー]

image.jpg
ちょっとお洒落な写真になりました。
トータル3キャラ近いダイヤモンドの指輪です。
また指に着けていただけます。


いままで、1万枚以上は撮影したジュエリーの写真のバックは白でした。
主役は指輪やペンダントですから、背景はあくまで脇役で、白。
そう決めてずいぶん時間が流れましたが、このごろその決めごとを少しは変えようと思いはじめました。
変化します(^-^)/


タグ:写真 変化
nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

2ctダイヤモンドの指輪サイズを大きく [サイズ直し]

image.jpg
2カラットアップのダイヤモンドのリングサイズを大きくします。

プラチナリングの下部をカットして、必要なサイズに広げて、プラチナ地金を挟んで、しっかりとロウ付けして、ヤスリできれいに形を整えて、磨いて完成です。

最下部のプラチナ地金幅が4ミリで厚さが2.0ミリありますので、かなり力を入れないと指輪は広がってくれません。

また、指輪の両肩までメレダイヤが入っていますので、肩が折れたりしないように、メレダイヤが外れないように、ダイヤモンドが割れたり動いたりしないように注意深く作業します。

地金がたっぷり付いていますので、普通の感覚でロウ付けしていると熱さが回ってきて1000度の熱がダイヤモンドを焼きます。そうならないように大きな炎で短時間に上手にロウ付けします。
ロウがしっかりと回って、いいロウ付けが出来ました。

実際はすでに済んでいますが、この画像のあとは、プラチナに小傷の無いようにヘラできれいに仕上げをして、ろう目を出さないように丁寧にバフで仕上げをすると完成です。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

純金プレート曲げてみました (動画) [雑学]

厚さ2ミリの純金の板を曲げてみました。

軍手を着けたので、つるんつるん滑って力が入りませんでしたが、純金の柔らかさは素晴らしいですね。
厚い純金でもこうして簡単に曲がりますが、一旦曲げるととても硬くなります。

大きめの指輪は曲がりません。曲がらないように作りますし。
ずっしり重く、持ち応えがあります。


純金のリングをつくってくれるところがどこにもない…、とのお話しを伺いましたが、そのようなことはありません。
純金指輪の制作はずっと昔から承っています。
ネットからでもいつでもどうぞ。

…宣伝不足なんでしょうね。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

プラチナの中のス [拡大]

image.jpg
プラチナ900地金を糸ノコで切断すると、中心部に空洞がありました。
こんな大きなスのある指輪には初めて出あいました。
普通は空洞はありません。

場所はリングのちょうど下側で、湯道を取り付けてあったはずの位置です。
これはキャスト製品でしたので、鋳造時に出来たスということになります。
指輪の腕としての厚さは1.2ミリほどですので、ちょうど鋳こみやすいはずですが、なにかの不都合があって先に湯道が固まってしまったのかもしれません。

ロウ立ての時に、湯道と製品の接続部分が細くならないように注意すれば、スが出来る原因のひとつを無くすことが出来ます。
空洞が湯道の方へ行くように、製品ギリギリのところに直径5ミリ程度のロウのボールをつくってあげることも有効な方法です。

この預かり品のプラチナ製品の空洞はロウ付け時にプラチナロウで埋めました。

( プラチナロウは金属で、ロウ立てのロウは油のように燃えるロウです。別のものですのでお間違えのないように ^ ^ )

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

マイクロメーター [工具]

image.jpg
ここ3年近く毎月来てくださるお客様に戴いたマイクロメーターです。

ご自分が定年退職まで毎日使われたものを自宅にしまっておられたのですが、第二の活躍の場として私に預けてくださった品です。
この前は、機械油ではなくミシン油を時々さすようにアドバイスをいただきました。
微妙な寸法が分かりますので重宝して使っています。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

チタンリングの宝石の位置決め [制作]

image.jpg
チタンマリッジリングの中に入れる宝石の位置を決めるために、微妙に調整しながら穴を開けていくところの画像です。

デザインによって手順はさまざまに変化しますが、このマリッジリングはこのように創作していきました。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

オリジナルハンドメイドチタンマリッジリング [フルオーダー]

image.jpg
表面は平甲丸のつや消し仕上げ、チタン指輪の内側角はわずかに丸くなって、内面に文字を深く手彫りしました。
サイズぴったりに出来上がっています。

ご結婚おめでとうございます。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

琥珀ブローチをペンダントに [リフォーム]

image.jpg
K18コハクブローチの風車金具を取り外して、ペンダントトップとして使えるようにバチカン金具を作ります。

針の付いているほうのパーツを、カットしたり加工したりの工夫をしてペンダント金具にする依頼でした。

今あるパーツに穴を開けたり削ったりロウ付けしたりすることと費用があまり変わらないので、きれいな形のK18バチカンと角度や長さを工夫した突き刺し金具を半ば作って完成させることにしました。

接着剤でしっかりと固定してある2か所のネジ金具を、コハクが割れないように注意深く外しました。

余分な穴を開けたくないので、あとは加工できたバチカンパーツを上部の元の穴にしっかりと接着して固定します。

勝手に、 お・も・い・や・り ^ ^
…このほうがきれいだけれど、おこられるかな?(^^;;



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

指輪をカットする場所はここ [サイズ直し]

image.jpg
最下部が一番薄い場合は、ちょっと横にノコ刃を入れます。

薄いところでサイズ直しをしてしまうと、形の流れで自然にもっと薄くなります。

一番薄いところは最後まで触りません。

そうすることでそれ以上指輪を薄くしないで加工が出来ます。

お客様への、お・も・い・や・り 。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ミルグレインとオパールとガーネットのチタンマリッジリング [フルオーダー]

image.jpg
誕生石の入ったオリジナルチタンマリッジリングが完成しました。
注文依頼にはお二人で訪れてくださいました。
爽やかで仲の良い思いやりあふれる素敵なカップルです。

ガーネットとダイヤモンドとオパールを平行四辺形の縁取りの中に斜めにセッティングして、両サイドをミル打ちにし、左側をつや消し仕上げに右側を鏡面仕上げにするご希望でした。

高級感いっぱいのフルオーダーマリッジリングです。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ガーネットとダイヤモンドとオパールのチタン結婚指輪 [制作]

image.jpg
オリジナルデザインのフルオーダーチタンマリッジリングです。

ガーネットとダイヤモンドとオパールを石留する途中です。
どの石もまだ動いている状態です。

しっかりとチタン地金で宝石を押さえて石留し、照り返し部分とそれぞれの爪をきれいにします。

10年前には誰もできなかった至難の技なんです。

チタンリングに一粒ずつ手作業で作っていくミルグレインはすでにできています。

nice!(1) 
共通テーマ:ファッション

内側に手彫り文字できました [制作]

image.jpg
チタンマリッジリングの内側にアルファベットを手彫りしました。

筆記体の小文字で深く彫りました。
指輪幅は3ミリ、文字は約1.2〜2.0ミリ位です。

本日納品出来ます。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

スケート靴のデザイン チタンマリッジリング [メンテナンス]

image.jpg
リングサイズを大きくしたフルオーダーのオリジナルハンドメイドチタンマリッジリングです。

図案は、クライアントがご自分で自由に描かれたデザイン、私が慎重に手彫りします。
20年間同じスタイルです。

機械彫りがお好みの場合は仰せのままに。プログラム通りにマシンが彫っていきます。

今はどちらでもOKの時代になりました。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

チタンリングのサイズを大きくしました [サイズ直し]

image.jpg
フルオーダーチタンマリッジリングのサイズを大きくする依頼がありました。

サイズの小さい時と大きくしてからの画像を横に並べて、指輪の内側を光沢仕上げした時と文字を入れた時の画像も下に並べました。

このあとは指輪内側文字のバリ取りと全体の最終研磨と表面のつや消し仕上げをして、完成です。

十数年前からチタンリングのサイズ直しをしています。
数年前からは小さくするほうも含めて チタンサイズマジック として喜ばれています。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ホワイトゴールド時計バンドの接合面 [拡大]

image.jpg
かなり厚くロウが流れています。
ホワイトゴールドの合金状態になっているはずの箇所が剥がれていますので、ここはこのまま使う訳にはいきません。
すべて取り去ってから新たな作業をします。
上手く削り取らないとメッシュ部分が波打ってしまいますので、要注意です。

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

フルオーダーチタンオリジナルマリッジリング制作中 [雑学]

image.jpg
昨日の朝の画像です。
手前の方が小さいサイズのリングですが、接写して撮ると近くのほうが大きく写っています。



指輪アイテムは、30年以上の昔から「サイズ」に苦労します。
ぴったり、と感じるための条件が複数あって、全部を合わせることは至難なことが多いです。

指のサイズを、紙をくり抜いた穴で測ったり、紙テープを巻いて測ったり、針金で測ったり…。

基本となるリングゲージも、製造誤差があったり、内側が甲丸であったり平らであったり、穴がテーパーになっていたり平行であったり、金属であったりプラスチックであったり…。

実際の指輪のサイズは作った時から不変ですが、体重の増減で人の指が変動することがあります。
また、むくみなどの体調によって…。

もう10年も前にネットに書いたことですが、装着感となると、季節と天気によって違ってきて、酷暑日と極寒日とは着けた印象が違ったり、雨降り日と晴れの日では違ったり、乾燥肌と多汗肌では違ったり…。

第二関節が太いと奥でぐらぐらしたり回ったり…。
奥の方が太いとハムを絞ったように見えたり…。

リングゲージは3ミリ幅と7ミリ幅で測っているのに、作る指輪の幅は2ミリだったり5ミリだったり10ミリだったり…。

指輪の内側がくり抜いてあったりなかったり、内甲丸であったりなかったり……

長い間格闘してきていろいろなんとかしてきましたが、この問題はまだまだこれからも続いていくでしょう。

真剣に取り組みますが、ま、みなさん、肩の力を抜いてリラックスしてください。
これからもいいこといっぱいありますよ。



nice!(0) 

K18パールピアスのお直し [修理]

パール
丸カンの口が開いてぶら下がっていた真珠が外れてしまったK18のパールピアスです。

引っかけて丸カンの口を閉じるだけなら簡単ですが、ネコのチャームが曲がっていたりポストが曲がっていたりしますので、ロウ付け部分が折れないように上手に形を整えてから丸カンを直して、全体をきれいに磨いて完成させました。


簡単なルーティンワークの範囲ならば、自由な時間さえあれば即日でも短時間で完了出来ますが、普段扱わない特殊なものの場合は、折れたり色が変わったりくっつかなかったり長持ちしなかったり、とマイナス点を考慮に入れているとなかなか手がけることが出来ません。

修理が可能かどうかは、品物をひと目見ると分かります。瞬時に全体を把握できてその時に修理工程の最後までが頭に描けている場合は、時間がそれなりにかかっても作業に苦労する点はありません。

これはダメだなと思った品をどうにか直して、と依頼された場合に困ります。
でも、何日間か頭の中でそれをあたためておいて、完成のイメージが湧いてからならば取り掛かることができます。

そういう時は、それを触らずに他の仕事を何日もしているのですから、そばから見れば放置しているだけのように見えますが、いつもそのことを意識して解決方法を模索していますから、やがてそのうちに出来るようになるんですね。
前回のチョーカーネックレスも、納品日の前日にやっと取りかかれる気持ちになって、作業が完了できました。

そのあたりは、野球やゴルフプレーヤーや体操選手や歌手がイメージトレーニングして精神を集中させる行為に似ているかもしれませんね。

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

チョーカーネックレスの修理 [修理]

image.jpg
チョーカーネックレスの可動金具が折れて無くなっています。
なんとか直して、との依頼で、なんとかすることができました。

軟金属でロウ付けできる素材ではありませんので、ハンダ付けか接着しか方法がなさそうでした。
一週間悩んで、コの字型のスチール線を片側にはめ込んで、もう片方は幅を合わせて穴を開けました。
結局、丈夫に出来るかどうかという確信を得ることと、最適な角度と位置を決定することに、一週間を要したということです。

作業自体は接着込みでも一時間ほどで済みました。
画像は作業途中の適当なタイミングで撮ったものです。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション