So-net無料ブログ作成

アメシスト 入りました [石留]


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
出来上がりが遅くなってしまいました。
オリジナルチタンペンダントの中に3つ目の誕生石が入りました。

いつものように、鍛造チタンに手で薄肉彫りをしたレリーフペンダントに、手作業で穴を開けてアメシストをはめ込みました。

一年にひとつずつ増えていきます。
我が子の成長とともに誕生石を追加していかれるご家族の愛情の深さを感じます。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

サイズお直し 三種 [ジュエリー]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
サイズ直しを承ったリング三種類。
よく輝くダイヤモンドと品質の良い大きなタヒチパールと大粒の赤サンゴです。

ダイヤモンドは硬くて普通の熱や酸にも強いですが、真珠と珊瑚は熱にも酸にも要注意です。

サイズ直しの時に、高温になったリングを素早く水に浸けて急冷します、といつかのエントリーに書いたように思いますが、基本的に宝石部分は水には浸けません。
もし、なにかの手違いでダイヤモンドが高温になってしまっていたら、急冷すると石にヒビが入るような事故が起きるかもしれません。

また、希硫酸にいきなり浸けるような習慣がある場合は、宝石部分を液に浸けなくても、高温に焼けた腕部分が液に浸かることで酸がいきなり沸騰して霧状になり付着して、パールもサンゴも侵されます。

質の良い大粒の珊瑚は数十年かかって珊瑚樹が成長して採れるようになりますので、一度乱獲されてしまうと今後数十年は手に入りません。採取しないでそっと育てていると30年位前に四国の業者から聞きましたが、気の毒なことです。
億に何個の0がつく数字になるのかは知りませんが、それだけ日本にマイナスになってしまいました。
子や孫がこれから欲しいと希望する場合は、今後何十年間かは国産品ではなく輸入品となってしまった品に代金を払うのですね。

あこや真珠と珊瑚は有機質で、かつてはどちらも日本で採れる宝石でありましたが、もうすっかり時代が変わってしまいましたね。

きれいな品質の良いこのようなジュエリーは貴重品です。






nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

用と美を兼備したペンダント [ジュエリー]


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
お母様から譲り受けられた18金のペンダントトップ。
鎖で胸にさげておられた姿を覚えておられるそうです。

丸いポッチを指でスライドさせれば、こちら側からは爪楊枝、あちら側からは耳掻きが出てきます。
総てゴールド製で手作りの一点物です。

長い年月を経過しても今もまだきれいに残っていて、実用品として使ってもよし、装身具として楽しんでもよし。遊び心たっぷりのジュエリーです。
いいものを見せていただきました。

磨くともっときれいに輝きます。




nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

究極のペアリング [フルオーダー]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
オーダーしてくださったカップルの指輪サイズに10号以上の差がある時は、デザインによっては素敵なことができる場合があります。

これはリングにノコ刃を通しているところです。
1本を2本にします。

同じ素材から二人の指輪が出来上がるのですから、最高のペアリングが生まれることになります。

もうしばらくすると出来上がります。
お任せくださいね。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

大粒南洋真珠ネックレス [本日の1枚]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
直径13ミリの巻きと照りの良い南洋真珠ネックレスです。

アコヤ真珠は7センチ前後のアコヤ貝から採れますが、南洋真珠はその倍くらいの大きさの白蝶貝から採れます。
黒真珠は黒蝶貝から採れて、タヒチで養殖されていましたので、タヒチ真珠と呼んだりもします。
淡水真珠は池蝶貝などから採れます。

真珠や珊瑚や象牙やシェルカメオなどは有機物ですので、化粧品や汗や果汁などがついたままにしておくと、変色したり艶がなくなったりします。
無機物のダイヤモンドやサファイアなどでも、油脂や石鹸などで曇ってしまうと輝きが少なくなりますので、洗浄してきれいにします。
真珠や珊瑚などは変質すると元のきれいさには戻りませんので、使用後に長く仕舞い込まれる場合は、汚れをよく拭き取られることをお勧めいたします。

お買い上げくださりどうもありがとうございました。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

超音波洗浄のご依頼をいただきました [メンテナンス]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
お手持ちの指輪を超音波洗浄します。
ダイヤモンドやルビーやサファイアが付いたプラチナやK18のリングですので、超音波の振動にも安心です。
以前にお買い上げくださったリングもあります。
洗浄は無料ですのでお気軽にどうぞ。

宝石の裏側や指輪の内側に石鹸や汚れが白っぽく詰まっています。
どの指輪も輝きが無くなっていますので、お昼の食事に行かれている間にきれいにします。

合計15分ほど洗いました。
上がお預かりした時の写真で、真ん中が洗浄後の写真です。
違いが分かりますか?

う〜ん(⌒-⌒; )
写真ではもうひとつよくわかんない*\(^o^)/*
右上のタンザナイトの輝きが戻っていることが分かるくらいですか?

実際は、ピンクダイヤもブルーサファイアもルビーも照りが出て、とても明るくきれいに輝くようになっています。

よく使われるというプラチナリングの腕が艶消し状態でしたので、この1本だけでももっときれいにしょうということで、ヘラで擦ってピカピカにしました。

右下側のは、戻ってこられる前に1本、と大急ぎで仕上げた腕の画像です。
よく光って周りの風景が写っています。

ヘラ仕上げと言いますのは、よく磨いた硬い金属の棒で、それよりも柔らかいプラチナ地金をこすって小傷を潰す作業をし、鏡面にする仕上げ方です。
ちょうど泥団子を子供が指で何度もこすってピカピカにするような感じです。
ザクザクになっている粘土でも、プラスチックのヘラや棒でこすると傷が埋まってつるっとした表面になりますね。あれと同じです。

指輪を使用されて付いているメレダイヤなどが緩んでいると、超音波洗浄で外れてしまったりすることがありますが、これは全部大丈夫でした。
よかった。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

凸リングになっています [先ほどの画像]


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
チタンリングの幅の狭いほうがこのようになりました。
工程が5割くらいまで進んだ感じです。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

チタンリング鍛造完了 [制作]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
チタン素材の鍛造が済んで、側面を整えたところです。

サイズと幅はバッチリ予定通りです。

少し前、プラチナのヤスリ粉地金を分析してもらうと、チタンが入ってましたよ、と不思議がられました。普通のところではゴールドやプラチナやあるいはシルバーだけを扱うから、チタンが検出されることは珍しいのでしょうね。
若いその男性は、私がプラチナもチタンもどちらをもずっと昔から加工していることを知らなかったのですね。プラチナにほんのわずかにチタンの粉が混ざっていたようです。

今度、鎚のみで作るチタンリングを仕上げます。
お楽しみに。
私も、楽しみです。




nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

エメラルドのリング [本日の1枚]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
エメラルドは水晶よりも硬いですので、普通に使用しても擦り傷は付かないです。
空気中の埃の中には水晶(石英)の微粉が多く含まれていますが、モース硬度7の水晶よりも硬いので安心です。

ただ、エメラルドは内部に細かなヒビが多いので、割れやすかったり欠けやすかったりします。
でも、ぶつけたり落としたり超音波洗浄をしなかったり、と日常に気をつけて扱えば大丈夫です。

産出はコロンビアが多いですのでこれは舶来品ということです。
幸福の宝石と言われていますので、それを少し信じる気持ちになれると、毎日が幸せでもあります。

きれいな緑色で、指輪のつくりも丁寧です。ダイヤモンドもきれいです。
お買い上げくださりありがとうございます。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

曲がったリングの時は [サイズ直し]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.png
S字形にウェーブしたリングサイズを大きくする時は、間にはさむ地金幅を大きくします。

ストレートなリングと比べると、粉になってしまう目方が多いです。

たいていのホワイトゴールドのリングは、最後にロジウムをかぶせてプラチナ仕上げをします。

古いリングはアレルギーになりやすいニッケルが入っていたり黄色っぽかったりしましたが、そのうちにパラジウム割りの黄色さの少ないリングが多くなり、この頃はメッキの不要なプラチナ色のホワイトゴールド地金もあります。

時代はどんどん進みますね。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

K18角棒が必要で [こんな感じ]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
サイズ直し用のK18地金が必要でしたが、手元には太さ1.5ミリ以上の適当な角棒がありませんでした。
時間の余裕もない急ぎの品に使うので、手持ち地金をルツボで熔解して太い角棒にしようか、それとも板地金を変形させて角棒にしようか、と迷いました。どちらを選択しても時間的にはほぼ同じくらいでしょう…。

結局、厚さ1ミリの手持ち板地金を金鎚で叩いて、2ミリ近くの角棒に形作ることにしました。

棒を板にする場合は、平らにしていけばいいだけですので簡単なのですが、板を棒にするにはかなりの工夫しなければ困難があります。

側面を叩いても、板の中心にまで力が届かず凹レンズのような形になってしまいます。
それに、薄く長いものを短く縮めようと叩くと、くの字形に曲がってしまいます。

結局、かなりいろいろなテクニックを使って、今必要な2×4×12ミリくらいの棒にしました。

…時と場合によっては、こんなことをしてからサイズ直しに取り掛かることもあります。
面白いんですよ。




nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

イエローストーンオリジナルリング [フルオーダー]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
http://www.jewelry-okada.com/album_ors.shtml

無事に納品も済んで、どこにもないオリジナルリングにとても喜んでいただけました。

お預かりした30ピースのダイヤモンドも側面にパヴェセッティングしてあり、腕も二回ウェーブしています。

接写しましたので、肩部分のパヴェがあまり見えていませんが、縁取りを丸く柔らかな感じにつくりました。

サイズもぴったりです、と指につけて確認してくださいました。

どうもありがとうございました。

またのご来店をお待ちしております。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ティファニーのネックレスを預かりました [修理]


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
スターリングシルバーのチェーンが一か所切れたので、ロウ付け治療しました。

ちょうどビーンの真下あたりです。

どこが患部か分からないくらいにきれいに治りました。

これでいつでも一緒に遊びに行けます*\(^o^)/*



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

プラチナ粉を [こんな感じ]


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
粉状になったプラチナを酸処理しましょう、ということで希硫酸に浸けました。
下の画像の中ほどに二本、水素の泡が湧き出ています。入り込んでいた鉄の破片が溶けているのでしょうか。

左上の画像は、下からの炎で地金を高温にして、混ざっている有機物を燃やし去っているところです。
主に木屑を取り去ります。

右上のは、いろいろと反応が終わったらしく、液の色が変わっています。

このあとは、中和してから、水道を使い碗掛け法などで余分なゴミを流し去ります。
きれいになれば乾燥させます。

硝酸と塩酸で王水を作ってプラチナを処理したりもしてきましたが、この頃は反応させるのに都合のいい場所が少なくなってきましたので、あまりやりません。

昔は純金を水銀に溶かし込んで乳鉢で擦って作ったアマルガムを金鍍金に使うこともしましたが、水銀蒸気の回収設備がダメになったので全く行わなくなりました。

需要が無くなったり採算が合わなくなったりすると、伝統技術というものは確実に消えていきますね。






nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

リング制作途中経過 [こんな感じ]


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
指輪サイズと幅が予定寸法に出来て、鍛造工程が終わったところのチタンリング画像です。

途中を見ても、どのようなデザインのリングに仕上がっていくのかまだ予想がつかない感じですね。

オーダージュエリーは、ご注文をくださった方に一番初めに完成品を見ていただきたいので、ここでご紹介するのは、一部分を横からや下から見た制作途中段階の画像になっています。

大きいデータ量の画像にするとキャパシティを一年でオーバーしそうなので、出来るだけ大きくしたいとは思いながら、小さめにまとめていました。

撮影して、画像処理して、文字を追加してアップロードすると、急いでも一時間あまりが経過していることが多いです。

クライアント様への途中経過のお知らせになったり、ものを制作している人への参考になったり、いろいろなことに興味を持たれている方への理解の手助けになっていれば幸いです。




nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

エメラルドやオパールは [こんな感じ]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
これは何の写真かといいますと、溶剤に浸けて油脂を取り去っているところを撮った写真です。

エメラルドは衝撃に弱く、オパールは熱に弱いですので、どちらもが入っているジュエリーには特別に気を使います。

彫り留め時には、熱をかけて柔らかくした松ヤニを付けてから、冷ましてリングを固定します。
プラスチック樹脂のようなものを使うこともあります。

ヤニからリングを外すときは、宝石に熱が回らないように気をつけながら、大半のヤニを取り去ります。

隙間に詰まってしまって簡単には取り除けないヤニは、その都度溶剤に浸けて除去します。

このデザインのリングは付け外しを複数回行ないましたので、短い時で20〜30分、あるいは2〜3時間とか、長い時は丸一昼夜かけてきれいにしてから次の工程に進みます。

バフ研磨のあとの黒い油脂分も、超音波洗浄が出来ない宝石には溶剤を使います。

何種類かを使い分けますが、充分に管理しているつもりでも揮発性が高くすぐに空になってしまうものや、手に入りやすくてもほとんどヤニを溶かす力のないものや、匂いの強いものや、いろいろです。

フルオーダージュエリーは、デザインによりますが、50時間とか100時間とか150時間を費やして完成していきます。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

Pt900 K18YG コンビリングを [ロウ付け]


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
プラチナとゴールドのコンビリング下部をロウ付けしました。

これは、目の細かい精密ヤスリの使い込んだものを斜めに動かして面を整えたところです。

このあときれいにピカピカに仕上げます。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ダイヤモンドネックチェーンの [パーツ用意]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
プラチナの引き輪金具が壊れていますので、修理にお持ちくださいました。

爪をかける丸線パーツをはめ込んでもロウ付け修理が困難なことが分かりましたので、金具交換をすることにいたしました。

持ちやすいようにひと回り大きいサイズにして、丸いカットボールで爪がよく掛かるようになっています。
襟足のあたりで着けることが簡単になりました。

喜平チェーンは、くくれていた二か所の塊をほどいて、きれいに磨きました。

ネックレスがつけにくいと思われる時は、今は楽に作業できる良い金具が出来ていますので、新しく交換されると便利になります。オススメです。




nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

K18ダイヤモンドリングを [サイズ直し]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
フラットな指輪の外周全体に、何ミリ置きかにダイヤモンドが埋め込まれたデザインです。
サイズ直しにお預かりしています。

ダイヤモンドが均等に配置されたリングの一か所だけは、サイズお直し分だけ広くなったり狭くなったりはしますが、このようなデザインの場合でもサイズ直しは可能です。

きれいに加工いたします。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

誕生記念宝石はアメシスト [石留]


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
お誕生記念にフルオーダーいただいたチタンのオリジナルペンダントです。
デザインは、このような感じ、というご希望の形で手彫りいたしました。

3つ目のアメシストは、今年は一番右側に入ります。
今しばらくお待ちくださいね。




nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

下からの画像です [フルオーダー]

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
オパールとエメラルドの石留も無事終了して、最終磨きを施せば完成というところにたどり着きました。

指輪デザイン、プラチナ枠制作加工、石留と、すべての工程が終了しました。

先月末に完成する予定でしたが、中石と脇石であるエメラルドとオパールのセッティング手順が変則的になりましたので、かなり時間がかかってしまいました。

ご注文の、どこにもないデザインのオリジナルリングが生まれました。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

プラチナとゴールドのコンビリングを [サイズ直し]


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

image.jpg
プラチナ900とK18イエローゴールドのダイヤモンドコンビリングです。
サイズ直しにお預かりいたしました。

指輪の真下で地金の種類が分かれているデザインです。

プラチナと金では、同じ温度に昇温した時の線膨張率が違いますので、すり合わせ位置がずれたり、伸びた地金が押し合いをしてリングが曲がってしまったりすることがあります。

が、このデザインの場合はきれいにサイズ直しをすることが可能です。
どうぞご安心ください。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション