So-net無料ブログ作成
検索選択
メンテナンス ブログトップ
前の30件 | -

シェルカメオを [メンテナンス]


*****

IMG_7778.JPG
黒真珠の母貝で作られたブローチです。
真上が一部分欠けてしまったので、削れますか? というご相談をいただきました。

全体の形を楕円形にするにはカメオの3分の1近くを削り去ってしまわなければならないようなので、上部のみをなだらかにカットすることにしました。

赤インクで印しをつけてから自然な感じに削り、ピカピカに磨き上げました。

これでまたお使いいただけることと思います。



nice!(0) 
共通テーマ:アート

ダイヤモンドリングが美しくなりました [メンテナンス]

*****

IMG_0566.JPG
先日、ご夫婦でお越しくださり、プラチナのダイヤモンドリングがきつくなったので少しサイズを大きくしてください、とご依頼をいただきました。

着けていると指が鬱血して赤くなってくるので、とのことで、1.8ゲージほど大きく加工いたしました。

テーパーダイヤがウェーブして全体に入っていますので、追加プラチナを挟んで加工する時にダイヤモンドが緩んだり外れたりしないように気をつけました。

最後の工程では、リング全体をヘラ加工してピカピカに仕上げています。

もういつ受け取りにご来店いただいても大丈夫です。




nice!(3) 
共通テーマ:アート

ダイヤモンドペンダントを安心して使う [メンテナンス]


*****

65ED8067-7A12-4073-8CA2-216F0E4A8582.JPG
1カラットアップのきれいなダイヤモンドのペンダント。
引き輪側の丸カンが開いてベネチアンチェーンが外れていましたので、メンテナンスのご依頼をいただいていました。

チェーンの丸カンは左右の2個ともロウ付けされていないことが多く、細い丸カンでは心もとないつくりの場合がままあります。
プレート側がロウ付けされていても、引き輪側はロウ付けされていないということも多いです。理由はおそらく、ロウ付け時の熱で引き輪の中のバネがなまってしまうことを恐れて、ということだと思います。余分な費用をかけないで少しでも安く提供したい、という理由もあるかもしれません。

でも、ダイヤモンドが落ちて無くなってしまうことがあれば本末転倒です。
技術と時間が必要ですが、上手く加工すれば良い状態がキープできます。
プレート側も開きかけていましたので、どちらの丸カンもロウ付けでていねいにお直しいたしました。
これで、いつの間にかダイヤモンドを失ってしまった、ということもありません。安心して毎日をお楽しみください。



nice!(0) 
共通テーマ:アート

アンティークなダイヤモンド指輪 [メンテナンス]


*****

A16ED893-842F-446E-BC09-8237B81EEFE4.JPG
ゴールドのヴィンテージリングです。
ダイヤモンドがお洒落ですね。

着けやすい形に出来上がっています。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

1.6ctのダイヤモンド [メンテナンス]


*****

IMG_6286.JPG
プラチナ爪の先が起きあがってダイヤモンドが外れています。
ほとんどの爪本体も、外力が加わったのか、曲がっています。
ベネチアンのチェーンが通る丸カンも曲がっています。

お直しのご依頼をいただいていましたので、6本爪の形を元どおりに形成して、枠を磨きました。

6本の爪が大きなダイヤモンドにしっかりとかかるように石留めして、ペンダント全体の照りをきれいに出して完成しました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ヤスリ目模様のイヤリング [メンテナンス]


*****

IMG_5796.JPG
北欧のジュエリーでしょうか?
手仕事感のある丈夫なつくりです。

イヤリングのクリップが耳たぶに痛いので、強さの調整をするご依頼をいただきました。

0.1ミリ形を変えても感触の変わる、微妙な調節加減で対応しました。

着けてみられて、痛くなくなったと喜んでいただけました。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

トルコ石のクラシックリング [メンテナンス]


*****

IMG_5759.JPG
ゴールド枠のターコイズリング。

少し前にきれいにメンテナンスいたしました。

内側にしっかりとたくさんの刻印が打たれていると、なんだか嬉しくなってきます。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

プラチナのブルーサファイアとダイヤモンドのリング [メンテナンス]


*****

IMG_5518.PNG
ブルーサファイアのハイジュエリー。
とても美しい天然宝石です。

左と右の画像はどう違うの?
と問われれば、撮影時間と撮影場所が違います。メンテナンス加工前と後の違いです。

どちらもきれいですので、比較していただこうとご紹介しても分かりにくかったですね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ガーネットのベルト型リングを [メンテナンス]


*****

IMG_5213.JPG
ガーネットのヴィンテージリングです。

外側は手彫りの模様で、内側にはいろいろな刻印がしっかりと打ってあります。

イギリスのアンティークジュエリー、いいですね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

アメシストと純金のネックレスを [メンテナンス]


*****

IMG_5187.JPG
品質の良い大粒のきれいなアメシストのロングネックレス。
純金のボールは手作り品で、中まで純金が詰まっていますのでかなり重いです。

2年に一度くらいメンテナンスを承ります。
大切にされています。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

K18シェルカメオジュエリーを [メンテナンス]


*****

image.jpeg
イタリア作家の手彫りシェルカメオ。
ペンダントとブローチ兼用の素敵なジュエリーですが、ブローチの針が曲がって使えなくなっていましたので、お直しのご依頼をいただいていました。

針の形を真っすぐに直して、赤黒くなっていたゴールド枠のサビを落としてきれいな光沢が出るようにていねいに磨きました。
カメオ本体も細部の汚れをブラシ洗いしました。

これで万全です。

いつもご注文くださりありがとうございます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

お買い上げジュエリーを [メンテナンス]


*****

image.jpeg
K18イエローゴールドにダイヤモンドが全周に入ったフルエタニティリングと、プラチナにスクエアカットのブルーダイヤ・クリアダイヤが入ったデザインリングです。

何年か前にお買い上げくださいました。
この度、ご使用中にプラチナに小傷がついたりダイヤモンドに石鹸や化粧品が詰まったりしていましたので、元どおりにきれいにメンテナンスいたしました。

ダイヤモンドは油脂とくっついて曇りやすいです。
毎日指に着けておられる場合は、1か月に一度くらいは洗浄や照り出し加工などのメンテナンスをされると、いつもピカピカにお楽しみいただけます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

鍛造チタンマリッジリングを仕上げました [メンテナンス]

*****

image.jpeg
昔、ご注文いただいて鍛造創作したチタンマリッジリングです。

初めの美しさになるよう磨き加工するためにお預かりしていました。

マット仕上げもきれいに出来上がっています。

明日納品可能です。

ありがとうございました。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

幸運のダイヤモンド [メンテナンス]


**********

image.jpeg
センターのダイヤモンドが外れてしまったので、石留めをし直すご依頼をいただきました。

外出されている時にダイヤモンドが無いことに気づかれたのですが、お嬢様が足元を探されると偶然近くで光るものを目にされ、拾い上げてみるとまさにこの指輪のダイヤモンドだったそうです。
奇跡のようなお話しで嬉しくなりました。

拝見しますと、ダイヤモンドを押さえていた爪になるプラチナ地金がすり減って薄くなり、外力でめくれ上がって折れかけていました。

このまま爪地金を倒し直しても完全に折れてしまいダイヤモンドは石留めできませんので、工夫することが必要になってきます。

プラチナは融点が高く火を当てるとダイヤモンドが焼けてしまいます。
ダイヤモンド下部のキュレットを支えるお椀型パーツにもメレダイヤモンドが入っています。
指輪本体とお椀部分の接合部が細く、外力を加えにくいです。
…などの難条件があります。

メレダイヤを全部外して爪地金になるプラチナを追加ロウ付けするか、現在左右にある地金を彫金の技術でずらせて爪となる地金をはみ出させてくるか、またはレーザーでプラチナ地金を盛り付けるか、いずれかの方法できれいにしっかりと修理加工をしたいと思います。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

K18とSV925のコンビ指輪を [メンテナンス]


**********

image.jpeg
指輪内側の[750]の刻印は、千分率で1000分の750、百分率で100分の75、ということで75パーセントの純金含有率を意味します。

別の表現では、これを[K18]とか[18金]とか言います。
純金のことは、24金、とも言います。
18金は、18÷24=0.75 ですので、75パーセントの純金を含んでいます、ということです。

つまり、ゴールドの純度のお話しの中では、750と18金とK18と0.75は同じ内容のことを言っています。

[925]は、千分率で1000分の925、百分率で100分の92.5、ということで92.5パーセントの純銀を含んでいます、という意味です。

silver925はスターリングシルバーとも言います。
ジュエリー素材としての性質が良いです。

このティファニーリングも製造された時と同じくきれいに輝くようにお仕立て直しいたしました。
1990 の刻印があります。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

クリップ式コンビイヤリングを美しく [メンテナンス]

**********

image.jpeg
SV925と14Kのティファニーイヤリングが黒く変色しているので、元どおりのきれいさにお仕立て直しするご依頼をいただいていました。

シルバーは空気中に放置すると、自然に硫化して何か月かあとには黒く変色してきます。
シルバーとコパーの合金のゴールドも同じような感じになります。

それを防ぐために、一般的には下地メッキを施したあとに、プラチナ族の変色しないロジウムメッキを施します。
(金色と銀色のコンビジュエリーの場合は、メッキ液中に漬ける方法では全体がロジウムの銀色になってしまいますので、工夫することが必要になります。)

メッキが施されていないジュエリーの場合は、いつも使用してイヤリングに手指が触れていると、擦れて黒くなるチャンスが無くなりますので、比較的長く銀色を保つことができます。

このイヤリングは、例によって、酸とバフをメインに使って、製造された当時の元の美しさを引き出しています。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

スターリングシルバー 輝きました [メンテナンス]

**********

image.jpeg
ここのところ日中はずっとフルオーダーチタンリングの制作を続けて、夜にジュエリーメンテナンスなどをおこなっています。

早くしなければ、と気になっていたティファニージュエリーが全部きれいに仕上がりました。
1987と刻印が入っています。30年ほど前のシルバーブローチ。

これも、薬品工程と熱工程を経て、超硬金属による摩擦加工と肌理の細かい研磨加工を繰り返し、製造された当時の美しさと照りを引き出しています。

お預かり品の全部をきれいにお仕立てすることができました。
いつもありがとうございます。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

ティファニーリングを美しく [メンテナンス]

**********

image.jpeg
スターリングシルバーのオープンハートティファニーリングをお預かりしていました。
黒く変色して使えないのできれいになりますか?とのご相談でした。

何種類かの薬品で処理して、黒い皮膜がかなり取れた段階での写真が右上です。
酸や熱を使用する段階では、奥まったところにまで効果が及びます。
頑固な汚れの場合は何度も同じ工程を繰り返します。

化学的に処理した後は、物理的にきれいにする工程に入ります。

ヘラでキズを潰したり、研磨剤で照りを出したりします。
シルバーは材質上ゴールドよりも手数がかかりますが、曇りがなく照りが最高になるまで、研磨剤を3種類使い分けます。

納得のいく状態になれば、超音波洗浄を繰り返して、完成です。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

手作りダイヤモンドリング [メンテナンス]

**********

image.jpeg
何年か前にご依頼をいただいて、プラチナでハンドメイドしたダイヤモンドリングです。

センターのダイヤモンドはとても美しく、1カラット以上あります。

両サイドのダイヤモンドの大きさに合うセミオーダー枠がありませんでしたので、全部のパーツを手作りしてのフルオーダーとなりました。バランスよく制作していったことを思い出します。

今回は指輪サイズを大きくしたり汚れを取り去ったりツヤ出し仕上げしたり、きれいにメンテナンスを施しました。

また今までと同じようにお楽しみいただけます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

プラチナの翡翠リング [メンテナンス]


**********

image.jpeg
くっきりとした緑色で肉厚の大きなヒスイです。
たっぷりとプラチナを使って、しっかりとした着けやすい指輪に仕上がっています。

周りを取り巻くダイヤモンドもきれいですね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

真っ赤なルビーの指輪 [メンテナンス]


**********

image.jpeg
とても大きくて美しい天然ルビーです。
指輪はプラチナでつくられていて、周りをテーパーダイヤモンドでとり囲まれています。

ルーペで宝石の内部を拡大して眺めるといろいろな世界が見えてきます。
ひとつひとつの宝石がそれぞれにさまざまな特徴を持っていて、加工する前に充分にそれらを把握しようとします。

一般に5カラット以上のきれいなルビーは数が少なく稀少です。
宝石に熱やショックなどのダメージが掛からないように、慎重に加工仕事を進めていきます。

出来上がりです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

ハートのルビーリングを [メンテナンス]


**********

image.jpeg
赤くきれいなハートシェイプカットのルビー。
周囲をたくさんのダイヤモンドで埋め尽くしたプラチナリングです。

いくら探しても見つからないので、失くしてしまったと諦めておられた指輪でした。
なんとこの度、発見されました。
なんとなく手を入れられた自動車のドアポケットの底で、指に触れるものが…。
ありました、ありました。
安堵、です。

以前に、紛失のお話しを伺っていた指輪でした。
お預かりいたしました。
サイズを調整して、無事お嬢様の指に着けることができました。
よかったです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

立派な板ヒスイリング [メンテナンス]


**********

image.jpeg
素晴らしく美しい板翡翠です。
久しぶりに拝見いたしました。

色ムラもなく深く澄んだ緑色をしています。

プラチナを加工するよりも眺める時間のほうが長くならないように自分を戒めつつ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

ブルーが美しいスターサファイア [メンテナンス]


**********

image.jpeg
40カラット近いスターサファイアの指輪です。
とても大きく、澄んだしっかりとしたブルーの中にくっきりと6本のスターが出ます。

素晴らしい宝石を扱うときは、落とさないぶつけない工具を当てない、ということを特に注意します。

どのジュエリーを加工する場合も大切に扱う心構えは同じなのですが、時どき宝石の中から何かを話しかけてくるような感じを受けることがあります。

プラチナやゴールドなど貴金属とはいつも心の中で地金と対話しながら形を変えていき加工を進めるのですが、カットされすでに完成された形になっている宝石もキラキラと輝きながらいろいろと話しかけてきます。

はいはいわかっていますよ、と心の中で応えながら、宝石にはダメージを与えないように優しく接し、プラチナやゴールドにも無理が掛からないように力を加え、制作を進めます。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

『 到着致しました 』 [メンテナンス]


**********

image.jpeg
メールをいただきました。

『 こんばんは。
本日リングが手元に届きました。
サイズもバッチリです!
綺麗に仕上げてくださり、ピカピカのリングを見て これからも頑張ろうと思いました。

これからもよろしくお願い致します。
ありがとうございました。』

この画像は、半月あまり前にお預かりした時の純チタンマリッジリングです。
5年間の歴史がこもっています。

ご注文時に、遠路お二人でご来店くださった時のことを思い出します。
お幸せにお過ごしのご様子で嬉しいです。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

またオリジナルジュエリーなどをお考えの時にはお気軽にご連絡くださいませ。
お待ちしております。
メールをくださりありがとうございました。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

創作5年目のチタンマリッジリングを [メンテナンス]


**********

image.png
オリジナルデザインチタンマリッジリングのメンテナンスを承っていました。

ご希望のようにきれいに加工できましたので、関東の方に発送納品させていただきました。

私の創作チタンリングは後日のサイズ変更が可能です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

いつの間に? 最後に発見 [メンテナンス]

**********

image.jpeg
これは何の写真かといいますと、指輪側面のコバを拡大した3枚です。

お預かり指輪を加工していて、最終段階で気がついてみるとK18イエローゴールドの一か所にヒビ割れが出来ています。

ごく稀にあるのです、こういうことが。

鋳造により指輪が作られているのですが、何かの原因で地金組織の一部分にムラができている場合や、厚さが薄い地金で作られている時にこういうことが起こったりします。

対処方法は、慌てず騒がずヒビをロウ付けし、余分なロウを削り取り、あとはケースバイケースで、ヘラ加工が良い時やキサゲる時や、いろいろなことをしてヒビを消します。
右の写真は目の細かいヤスリ掛けまでをしたところです。

地金が硬化していたのであれば、ロウ付け時の昇温で適宜に鈍ってちょうど良かった、ということもあります。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

ダイヤモンドの石合わせと爪直し [メンテナンス]

**********

image.jpeg
指輪に黒い穴が空いたままになっているので、と修理のご相談をいただいていました。

拝見しますと、元々爪の位置が少しずれていたことと、押さえ直された時の爪の形の不正確さが原因のようで、ダイヤモンドが1個外れて無くなっていました。

お預かりして爪を直して、ダイヤモンドをご用意し、石留めをしました。

100個近いダイヤモンドを1つずつ点検すると、数個が動いており、さらに別の数本の爪の掛かりが浅いことがわかりました。

ダイヤモンドの座る位置を直して、爪を押さえて動きを止め、爪の頭の形を丸く整え、洋服の繊維などが引っかからないようにダイヤモンドとプラチナ爪を密着させました。
爪の数は200本位ありましたが、全部点検しました。

バフ磨きの力がかかってもダイヤモンドは外れませんでしたし、毎秒2万回以上の超音波洗浄の振動でもダイヤモンドは外れませんでしたし、ブラシ洗いの外力にも耐えてダイヤモンドはひとつも外れませんでした。

これで大丈夫です。



後からのこういった爪のメンテナンスは、プラチナ地金の場合は粘りがありますのでこのようなことが比較的可能ですが、ホワイトゴールドとイエローゴールド地金ではプラチナと比べると難しい場合が多いです。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

オパール5psリングできました [メンテナンス]

**********

image.jpeg
きれいにサイズお直しが完了しました。

石留めを担当する昔のクラフトマンは腕がいいですね。
急な外力を加えると欠けやすいオパールを5ピース共ゴールド地金で押さえています。
オパールとゴールドが密着していますから、動かないし外れないし、爪の形は揃っているし、すごい。

ヴィクトリアンジュエリーはパールにもこのようなテクニックを使用してあります。
私もしますけれど、毎回1ピース1ピースごとに背中に冷や汗が流れるような気持ちになりながらです。
お預かり宝石で行なう場合はなおさらです。

機械や工具の発達していない時期に創作されたヴィンテージリングには素晴らしいことが詰まっています。
エレガントでステキですね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

鉄鐔 [メンテナンス]

**********

image.jpeg
刀の鐔をメンテナンスするご依頼をいただいています。

高肉象嵌を施された鉄の表面を子細に眺めてみると、タガネで打った跡が微妙な高低や色の違いで感じ取れます。

炎を当ててはダメですし、キズをつけることも避けなければなりません。

この鐔には純金のアマルガムを使います。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション
前の30件 | - メンテナンス ブログトップ