So-net無料ブログ作成
検索選択

外れないトルコ石とシェル [作業]


**********

image.jpg
サイズ直しの前にK18リングからトルコ石とシェルをそっと外そうとしていましたが、なかなか外れませんでした。
いつもはもっと短時間で外れるのですが、この指輪はどうしたものか頑丈です。

30分ほどかかって3か所を外すことができて、最後のシェルは、縁に少しだけ見えている接着剤を細い工具でガリガリ削って接着面積を小さくしてみたりして、1時間以上かかりました。

トルコ石の尖った先がゴールド地金のポケット部分に差し込んであったり、地金と宝石がギチギチに擦り合わせてあったり、接着剤がたっぷりと付いていたり、というのが外れない原因でした。

全部割れないで外れましたので、安心してサイズ直しをしました。

あとは接着作業と最終磨きが残っています。
湾曲した形が微妙に変わってきていますので、注意深く石をはめ込みます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

20ミクロンのプラチナ [作業]

image.jpg
ローラーで薄く伸ばして表面積をできるだけ大きくしてから酸処理します。

マイクロメーターで測ると0.02ミリでした。

このプラチナの厚さですと、ハサミで簡単に普通の紙のように切ることが出来ます。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

リフォーム前にはダイヤを外します [作業]

image.jpg
ジュエリーリフォームの時は、前もってダイヤモンドを指輪枠から外します。

プラチナの線爪は比較的外しやすいですが、ホワイトゴールドに彫り留めしてあるダイヤモンドは、とても外しにくいです。

タガネを使うと先が丸くなったりして作り直す手間がかかりますし、ニッパーで本体地金をカットすると余分な力がかかったりしてダイヤモンドが割れたりすることもあります。要注意です。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

WGチェーンのロウ付け修理 [作業]

image.jpg
ボールチェーンの片一方軸を取り外しました。

昇温時の酸化を防ぎロウ流れを良くするためにフラックスを塗って、極小のホワイトロウを置いて、そっとロウ付けします。

ふたコマのみくっ付けます。

他のコマは自由に動くので、真ん中に寄せてみました。

このあとは、酸洗い、バフ、洗浄、脱脂、ロジウムメッキ、乾燥、などの工程に入ります。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

刻印文字のバリ取り [作業]

image.jpg
0.8ミリの大きさの刻印文字です。
スリムなリングに入れるには1ミリ以上の文字では無理でしたので、手で打刻しました。

この場合はプラチナに刻印を打ち込みましたので、文字の周囲にバリが立っています。
下の画像はそれを研磨した後のものです。

普通はバリのザラザラを取り除く作業をしますが、文字が薄くなることなどを避けるために、磨かないでそのままにしているメーカーもあります。


文字を入れる方法はいくつかありまして、地金を彫り取る、地金を引っ掻く、地金に打ち込む、地金に点々を打ち並べる、レーザーで細く浅く焼き溶かす、エッチングする、キャスト前のワックス段階ですでに文字を入れている、などの方法があります。

それぞれのメーカーや工場で持っている設備やポリシーが違いますので、それぞれがさまざまな技法でジュエリーに文字を入れています。
それぞれに長所短所がありますので、どれがベストかということは決めにくいです。
浅い深い、太い細い、大きい小さい、多数少数など、いろいろな特徴があります。

きれいであればどんな方法でもいいんです。
たいていのやり方はここ30〜40年ほどの間に考案されたものが多いですから、堅苦しく考える必要はありません。




タグ:刻印
nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

サンゴに穴をT字形に開ける [作業]

image.jpg
貫通穴のサンゴに穴を開けて欲しいというご依頼です。

今あいている穴に直角になる位置に印しを付けて、少しガイド穴を作って、そこから中心部まで穴を開けました。

サンゴは作業時に真珠よりも欠けやすいので、ゆっくりと注意深くドリルを進めます。
もともと内部にヒビがあってそれが表面には出ていないような珠もあります。

割れずに無事に穴があいて、おめでとうございます。
安心しました。


タグ:サンゴ
nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

プラチナリング サイズ合いました [作業]

image.jpg
プラチナリングの内側をヘラ仕上げしてバフ研磨も済ませたので、Pt900の刻印を打ちます。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

指輪制作 サイズ調整 [作業]

image.jpg
リングの内側にヤスリを当ててサイズを合わせます。
指輪幅や厚さに指定がありますので慎重に。
指輪の角も、着けているときに痛くないように出来るだけ丸くします。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

預かりダイヤで使用するものを決定 [作業]

image.jpg
カメオペンダントに入れるダイヤモンドを選定しました。
ルビーと一番大きなダイヤモンドの位置の指定は頂いていますが、それ以外はすべてお任せとのことですので、大きさときれいさと数を選んで決めました。
石目も測りました。

たくさん預かっていましたので、残りはお返しいたします。

…もう幾つか余分に使おうかな、とも思っています。
作りながら決めます。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

WGバンド研磨仕上げ [作業]

image.jpg
小傷がたくさんついていたケースがピカピカになって、ヒビ割れ補修箇所を軽く磨きました、の画像です。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

金の粉を煮ました [作業]

image.jpg
あのあと、できた希硫酸で金地金を弱火で煮ました。

不要金属を除去する目的ですので、頃合いを見計らって火を止め、冷ましてからアルカリで中和します。間違っても酸を水道水と一緒に下水に流してはなりません。安全なところに溜めて、後でまとめて業者に処理を依頼します。要注意事項です。

何度も水洗いしてきれいになった金の粉地金をルツボで熔解して、固めて、しかるべきところに預けたのですが、今日は忙しくて写真を一枚も撮ることができず、残念ながらそれぞれの過程を残すことができませんでした。
また次の機会に撮ってアップロードします。

蒸発皿をコンロに置いて極小のガスの火で煮ますが、この網はどうやら餅や魚を焼く網ですね。びっくりしました。理科の実験の時に使う綿の付いた網ではなく、お正月らしくてとてもいいですね^ ^
もちろん冗談です…(^^;;
器が割れると大変ですので、ちゃんとしたものを使いましょうね。



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

酸処理始めます [作業]

image.jpg
水を入れた蒸発皿の上からそっと硫酸を注ぎますと、ジュワッと音がして泡が出始めました。
ジュワッの時に液も飛び散ります。
防御用の衣服や手袋で充分に気をつけて作業しないと火傷します。

慣れれば簡単カンタン、と思い始めた頃がまた危ないのです。
車の運転と同じようなものです。

蒸発皿を素手で触ると、我慢して持てるか持てないかというあたりの、なんとかギリギリ持てるくらいの熱さに発熱しています。



トーチで地金の熔解までをするつもりでしたが、思ったより時間がかかってしまいました。
朝は用事がありますので、今夜はここまで。
では。


タグ:注意 発熱 防御
nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

何をしているところかといいますと… [作業]

image.jpg
蒸発皿の粉地金を焼いて、冷ましてから水を入れ、腕かけ法で有機物の軽い灰を流し去ろうとし始めたところです。

K18の粉地金を、とりあえず酸処理して、熔解して固めます。

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

帯留金具をロウ付けして8割がた出来ました [作業]

image.jpg
デザイン上の尖った箇所はほとんど変更を加えることができないので先をやや丸く加工して、いまだにいくつか残る湯道風の突起や鋳バリ状のものを削り落として、着物の生地にダメージが無いよう心がけました。

ロウ付け出来た帯留金具の内側も、角を落として丸く加工し生地に優しいように光沢仕上げしています。

衝撃に弱いエメラルドの爪のみが力をかけて触ることのできない難所で、全部の爪がエメラルドにしっかりとかかっているように注意点検し、隙間をできるだけ無くしました。

あとは真珠の接着です。


nice!(1) 
共通テーマ:ファッション

純金 溶接 [作業]

image.jpg
指輪本体を痩せさせないように注意しながら、余分の純金を追加して溶接します。
内側からも外側からも注意深く作業します。

純金指輪の外側表面の少しU字形に反っているところは、金鎚で軽く叩いて平らにして、それでも残ったところはヤスリで均します。


タグ:純金 溶接
nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ゴールドリング 制作途中 [作業]

image.jpg
この前の純金指輪は2本作っていました。

純金素材のみで溶接したように輪にした板地金をヤスリがけして、均一な幅と厚さにした時の画像です。

ヤスリは中目を使います。
できるだけ荒いものを使わないと、加工途中にいつの間にか気がつかないうちに粉がどこかへ消えて、目方が減ります。
わずかなことではありますが、「ヘリ」を最小にするためにも微粉末にならないように心がけます。

初めから油目ヤスリを使うと、作業が進まず時間のムダですし、ヘリが多くなって資源のムダです。

荒い目のもので限界ギリギリまで作業します。


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

あっと言うまに夜でした [作業]

image.jpg
プラチナピアスのロウ付けをしました。
丸カンの線径は0.4ミリで穴の大きさは1.4ミリです。

1枚目はトーチの炎の向きがなぜか変に撮れていますね。先に何か付いていたのかもしれません。
3枚目はペアのもうひとつのほうです。


今日は、昨日の注文品の段取りで半日あまりが過ぎました。
デザインのまとめやダイヤモンドの選定やプラチナ材料の手配やチタンのリング準備やなにやらかにやらです。

あとは主にピアスとイヤリングなどの修理関係をしました。

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション